避妊薬で避妊を男に任せない女になれ

避妊するなら、一番手っ取り早いのはコンドームの使用です。コンドームを男性に任せている方、多いですよね。「つけたよ」の一言で安心していませんか?本当にその男性は信用できますか?当サイトを見て女性に「避妊薬」について知っていただきたいです。

避妊薬を使うとなぜ避妊ができるの?

現代ではさまざまな病気が薬によって治療できるようになりましたが、その仕組みについては服用者があまり知らない部分となっています。
もちろん医師は患者が最低限知っておくべき副作用や服用のタイミングなどについて説明をすることになっていますが、日常的に薬を服用するのであれば可能な限りその仕組みについても知っておきたいと思うことでしょう。
さて、それではここで「避妊薬を飲むとどうして避妊できるのか」ということについてですが、これは薬に含まれるホルモンの働きが関係しています。
避妊薬にはプロゲステロンとエストロゲンという二種類の女性ホルモンが含まれており、これらのホルモンは生理の働きに関して極めて強い関係を有しています。
このうちプロゲステロンは特に妊娠中の女性の体の中で盛んに分泌されるのですが、これを経口摂取していくと体は「プロゲステロンが体の中に多くあるから、今自分は妊娠をしているのだ」と判断するようになります。
妊娠中の女性の体では妊娠が重複して発生しないように生理が停止されますから、避妊薬はこれを人為的に引き起こすことで妊娠が出来ない状態を作るのです。
ですがこの状況は一時的なものですから、避妊薬の服用を中止すれば再び生理が来るようになり、妊娠も出来るようになります。
避妊薬はこうした仕組みによって避妊を実現しているわけです。
ちなみに「避妊薬を飲むと不妊症になる」というようなことも一部では言われているのですが、むしろ避妊薬は不妊治療にも用いられることがありますのでこのことはあくまでも噂に過ぎません。
ただ「血栓症になりやすくなる」というのは残念ながら副作用として認められていますので、この点については事前に把握し、血栓症リスクを可能な限り減らしたうえで服用するようにしましょう。

■コンドームだけでは避妊失敗の可能性があります
ピルで完璧な避妊
■人気の低用量ピルはこちらです
トリキュラー