避妊するなら、一番手っ取り早いのはコンドームの使用です。コンドームを男性に任せている方、多いですよね。「つけたよ」の一言で安心していませんか?本当にその男性は信用できますか?当サイトを見て女性に「避妊薬」について知っていただきたいです。

緊急避妊薬プリベンは、卵巣にどう働きかけるの?

女性の体内では、性周期によってさまざまなホルモンが分泌され、妊娠と出産に備えます。まず、月経の時期に視床下部か分泌される性腺刺激ホルモン放出ホルモンが、下垂体に働きかけて卵胞刺激ホルモンを分泌させます。卵胞刺激ホルモンは、卵巣に働きかけ、卵胞を成熟させます。卵胞は成熟するに従って卵胞ホルモン(エストロゲン)を分泌し、子宮内膜は分厚くなり、着床に備えます。卵胞ホルモンの量が増え、卵胞が十分成熟すると、視床下部は下垂体に黄体化ホルモンを大量に分泌させ(LHサージ)、卵巣に排卵を促します。排卵後、卵胞は黄体に変化して、黄体ホルモンとエストロゲンを分泌します。
緊急避妊薬プリベンの服用が排卵前だった場合、黄体ホルモンの投与によって、LHサージが抑えられます。この結果、排卵が抑制または遅延して、妊娠が回避できます。卵巣からの排卵後にプリベンを服用した場合には、黄体ホルモンによって着床しやすい状態を早期に作り出し、受精卵が到着する頃には着床しにくい環境になっています。この受精卵の着床を阻害する作用と受精阻害作用で、妊娠を回避できるとされています。
緊急避妊薬プリベンは、性交後72時間以内に2錠服用し、その12時間後に2錠服用します。処置が早いほど、成功の確率は高くなり、72時間を超えると格段に下がります。
緊急避妊薬は、婦人科を受診して処方してもらいますが、全ての婦人科で対応しているわけではないので、まずは問い合わせる必要があります。なるべく早く服用する必要があるので、すぐに病院を探さなければいけません。
プリベンは、日本では販売されていませんが、個人輸入代行サイトなどで海外から取り寄せることができます。万が一のときのために、常備しておくと安心です。